Home > スポンサー広告 > Germany; Movie; die Fremde ;When We Leave (2010)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://uyudo.blog16.fc2.com/tb.php/760-e687ee1b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 烏有洞 Uyudo

Home > スポンサー広告 > Germany; Movie; die Fremde ;When We Leave (2010)

Home > Europe(欧州) > Germany; Movie; die Fremde ;When We Leave (2010)

Germany; Movie; die Fremde ;When We Leave (2010)



年末に最後に見た映画は、die Fremde (英題;When We Leave)という2010年のドイツ映画でした。直訳すると、よそもの。 ドイツでは賞をとっているみたいです。2011年のアカデミー賞外国語映画でドイツ代表です。

話の筋はドイツで暮らすトルコ人の家族の話で、移民第一世代の父親、第二世代の息子たちの保守的な「恥と名誉」の文化の中で揺れ動く家族の話。夫からのDV(家庭内での暴力)で逃げてきた妻とその子どもを、実家の家族が受け入れられない。夫から逃げてくるという行為自体が家族にとって恥で、そのなかで犠牲になる女性と子どもの話です。

兎も角、冒頭見た瞬間から気分が悪かった。最悪です。名誉ってなんなんでしょう。もうこのあたりのコメントを書くと、宗教的にも政治的にも細かい思考まではしていないんだけど、そこまで思索する前に拒絶してしまうような内容です。不条理としか言いようがない、勿論、私からみての話ですが。

日本では上映されるかどうか、、、、集客は出来ないだろうから、どっかの映画祭で入るぐらいしか、日本での上映可能性がない映画です。 そんな映画も観ます、私。 そんな映画をDVDでちょこちょこ買っては、妻には呆れられているので、Im Juli (英題 in July)なんかのロードムービーだと、妻に、まあ良かったね、と言われる始末です。
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://uyudo.blog16.fc2.com/tb.php/760-e687ee1b
Listed below are links to weblogs that reference
Germany; Movie; die Fremde ;When We Leave (2010) from 烏有洞 Uyudo

Home > Europe(欧州) > Germany; Movie; die Fremde ;When We Leave (2010)

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。