Home > スポンサー広告 > 新潟;wine; Muscat Bailey A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

TORU URL 2010-09-22 Wed 23:36:50

お酒に対する愛情が感じられるお店に出会えたのはすごくいいね!またこっそり教えてください。
Oregon Pinotなら相談してくれたら、味のコメントはしますよ。ワイナリーめぐりも結構数が行きました。

hkurita URL 2010-09-21 Tue 05:35:01

ご紹介どうも有り難うございます。Rex hill,チェックしてみます。日本酒をよく買いに行っていた行き着けの酒屋さん(お酒に対する愛情が感じられるお店です)があって,そこはワインも充実しているのですが,全世界が対象のワインとなると,なかなか,お目当てのものには出会えませんね。オレゴン州のワイナリーでピノ・ノワールは使っているものを見つけたら,とりあえず買ってみようかと・・・。

TORU URL 2010-09-18 Sat 09:19:52

> 保存状態や飲み方等で随分味や香りが変わってしまうワインなので,なかなか難しいかも知れませんが,機会があれば,こちらでも手に入るお勧めの北米のワインがあったら紹介してくれませんか?見つけたら試してみようと思うので・・・。

TORU URL 2010-09-18 Sat 09:19:33

こちらでも手に入るお勧めの北米のワインですか。Rexhillはたしか日本でも飲めたと思う。我が家から30分ほどのワイナリーですが、winery clubに入っています。

hkurita URL 2010-09-18 Sat 09:00:17

保存状態や飲み方等で随分味や香りが変わってしまうワインなので,なかなか難しいかも知れませんが,機会があれば,こちらでも手に入るお勧めの北米のワインがあったら紹介してくれませんか?見つけたら試してみようと思うので・・・。

hkurita URL 2010-09-18 Sat 07:01:19

blogの記事を取り上げてもらって,どうも有り難うございます。

岩の原ワインは新潟大出身だった後輩に一度薦められたことがあったのですが,当時はあまり琴線に触れず,スルーしてしまっていました。

追記:ニイガタ 025さん,素敵ですね。新潟愛が伝わってきます。一度,行ってみたいものです。

TORU URL 2010-09-17 Fri 15:32:14

はらださん
そうかあ、大学院、そっちの方やったもんな。アジアの旅、気をつけていってらっしゃい。

はらだ URL 2010-09-17 Fri 09:23:13

岩の原葡萄園に行ったことあります。大学院の講義でした。1年目がキリンビールの工場見学で2年目がここでした。森先生の先生の山田先生の講義でした。
なかなか粋な講義でしょ。
大分記憶が薄れていますが、おいしいワインを飲ませてもらった気がします。
あさってから観光客に混じって出張行ってきます。4ヶ月連続アジアの旅です。
ではでは

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://uyudo.blog16.fc2.com/tb.php/689-e2e51880
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 烏有洞 Uyudo

Home > スポンサー広告 > 新潟;wine; Muscat Bailey A

Home > 中部東海(Cyubu Tokai) > 新潟;wine; Muscat Bailey A

新潟;wine; Muscat Bailey A

友人HKのBlogで取り上げられていて、懐かしかったので、少しMuscat Bailey Aの話を書きます。この品種は日本のred wine原料として有名な品種で、昭和2年に新潟・川上善兵衛氏によって育出されました。母方アメリカ系の生食用黒品種であるBaileyベーリー種。父方は、欧州系のMuscat Hamburgマスカット・ハンブルグ種(Black Muscat)という組み合わせで、生食用とwine用という両睨みで育種された品種だけに糖度が高いです(21~22度)。


私が初めて岡山のwineryにお邪魔したのは大学3年生か4年生の頃で、ちょうど園になっていた葡萄を摘んで試食させていただいたことを考えると、熟期の9月頃の事だったのだと思います。農学部の研究室の先輩が就職していた先に研究室でお邪魔したときでした。もう13,14年ぐらい前のお話です。
その頃は私がwineに興味を持つとは思ってもいませんでしたが、その時に味わったMuscat Bailey Aの味はしっかりと覚えています。濃厚で渋みと酸味もありそこそこ特徴的なんですが、他の葡萄と比べてどうか、というと生食用に特化したわけでもなく、wine用に特化したわけでもないことで、若干ぼけてしまう感がありました。

wineにするときにMaceration Carbonique(MC法)で作ると、色付きが良く、酸味や渋みが少ないマイルドなRed Wineができるとのことで、Muscat Bailey Aを使ったwineではこの方法が多いとききました。そうなると突出した味が出にくいですよね。日本のwineはどんどん良いものが出てきているようですから、これからこのMuscat Bailey Aを使ったwineでもどんどん特徴的なものが出てくる事が楽しみですね。

友人HKが紹介していた、川上善兵衛が開いた新潟の「岩の原葡萄園」の「深雪花」は、Muscat Bailey Aをフレンチオークで熟成させたwineだということなので、ぜひ日本に帰ったら飲んでみたいお酒ですね。新潟といえば、日本酒のイメージが強い地域ですが、wineも楽しめんるなんていいですね。
やっぱり、新潟の酒に合わせるなら、新潟の味覚ということになりますね。岩の原葡萄園のBlogでも紹介されていた、お店、新潟025にも行ってみたいな。

梅雨あり、夏の湿気あり、台風ありで決して生産適地ではない中で、葡萄を開発しよう!と考えた人がいて、そしてその葡萄からできたwineはまだまだ味の完成には至っていなさそうな事を考えると、この品種から将来作られるであろう、素晴らしいwineに思いを馳せたいですね。ここでも天井なき酒造りですかね。


岩の原葡萄園のBlog
http://iwanohara.typepad.jp/blog/


新潟025のBlog
http://niigata000.exblog.jp/
スポンサーサイト

Comments: 8

TORU URL 2010-09-22 Wed 23:36:50

お酒に対する愛情が感じられるお店に出会えたのはすごくいいね!またこっそり教えてください。
Oregon Pinotなら相談してくれたら、味のコメントはしますよ。ワイナリーめぐりも結構数が行きました。

hkurita URL 2010-09-21 Tue 05:35:01

ご紹介どうも有り難うございます。Rex hill,チェックしてみます。日本酒をよく買いに行っていた行き着けの酒屋さん(お酒に対する愛情が感じられるお店です)があって,そこはワインも充実しているのですが,全世界が対象のワインとなると,なかなか,お目当てのものには出会えませんね。オレゴン州のワイナリーでピノ・ノワールは使っているものを見つけたら,とりあえず買ってみようかと・・・。

TORU URL 2010-09-18 Sat 09:19:52

> 保存状態や飲み方等で随分味や香りが変わってしまうワインなので,なかなか難しいかも知れませんが,機会があれば,こちらでも手に入るお勧めの北米のワインがあったら紹介してくれませんか?見つけたら試してみようと思うので・・・。

TORU URL 2010-09-18 Sat 09:19:33

こちらでも手に入るお勧めの北米のワインですか。Rexhillはたしか日本でも飲めたと思う。我が家から30分ほどのワイナリーですが、winery clubに入っています。

hkurita URL 2010-09-18 Sat 09:00:17

保存状態や飲み方等で随分味や香りが変わってしまうワインなので,なかなか難しいかも知れませんが,機会があれば,こちらでも手に入るお勧めの北米のワインがあったら紹介してくれませんか?見つけたら試してみようと思うので・・・。

hkurita URL 2010-09-18 Sat 07:01:19

blogの記事を取り上げてもらって,どうも有り難うございます。

岩の原ワインは新潟大出身だった後輩に一度薦められたことがあったのですが,当時はあまり琴線に触れず,スルーしてしまっていました。

追記:ニイガタ 025さん,素敵ですね。新潟愛が伝わってきます。一度,行ってみたいものです。

TORU URL 2010-09-17 Fri 15:32:14

はらださん
そうかあ、大学院、そっちの方やったもんな。アジアの旅、気をつけていってらっしゃい。

はらだ URL 2010-09-17 Fri 09:23:13

岩の原葡萄園に行ったことあります。大学院の講義でした。1年目がキリンビールの工場見学で2年目がここでした。森先生の先生の山田先生の講義でした。
なかなか粋な講義でしょ。
大分記憶が薄れていますが、おいしいワインを飲ませてもらった気がします。
あさってから観光客に混じって出張行ってきます。4ヶ月連続アジアの旅です。
ではでは

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://uyudo.blog16.fc2.com/tb.php/689-e2e51880
Listed below are links to weblogs that reference
新潟;wine; Muscat Bailey A from 烏有洞 Uyudo

Home > 中部東海(Cyubu Tokai) > 新潟;wine; Muscat Bailey A

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。