Home > スポンサー広告 > 月夜;朧月夜-菜の花

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://uyudo.blog16.fc2.com/tb.php/519-c44a0d7f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 烏有洞 Uyudo

Home > スポンサー広告 > 月夜;朧月夜-菜の花

Home > Saijiki(歳時記) > 月夜;朧月夜-菜の花

月夜;朧月夜-菜の花


朧月夜でした。少しずつ春めいてきています。
皆さんのところでも春、朧月夜でしょうか。

「菜の花畠(ばたけ)に、入り日薄れ 
見わたす山の端(は)、霞(かすみ)ふかし
春風そよふく、空を見れば 
夕月(ゆうづき)かかりて、におい淡(あわ)し」
(「朧月夜」作詞;高野辰之、作曲;岡野貞一)

この歌の舞台は明治の長野県。作詞の高野辰之の故郷長野県下水内郡豊田村(今は中野市豊田地区)で、当時は灯火用の菜種油をとるために菜の花が栽培されていたそうです。信州中野は、毎年、野沢温泉やら志賀高原やらにSnow Boardに行っていましたが、野沢温泉近くにある高野辰之を記念した斑山文庫には足を運んだことがありませんでした。日本に帰国したらいってみたいところの一つです。

斑山文庫
http://www.dia.janis.or.jp/~hanzan/

中島美嘉が「朧月夜~祈り」として歌ったことでより鮮明に覚えている人も多いのではないでしょうか。中島美嘉さんの声は聞いていて胸が締め付けられるような時があります。菜の花の歌を聞きながら、春を感じたいな、ということで、季節の味を楽しみました。California州で栽培されている、菜花の一種。すこし苦味が少なくて食べやすい感じですが、十分春の香りがいっぱいに。こういう味が米国でも味わえるというのは、なんて幸せなんでしょう。

---今日の一曲---
「朧月夜~祈り」中島美嘉
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://uyudo.blog16.fc2.com/tb.php/519-c44a0d7f
Listed below are links to weblogs that reference
月夜;朧月夜-菜の花 from 烏有洞 Uyudo

Home > Saijiki(歳時記) > 月夜;朧月夜-菜の花

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。