FC2ブログ

Home > Days(日々) > 白髪;万葉集-純恋歌

白髪;万葉集-純恋歌

白髪の話。

「福(さきはひ)のいかなる人か黒髪の白くなるまで妹(いも)が音(こえ)きく」(万葉集巻七/一四一一:作者不詳)
(意味)白髪になるまで二人とも健やかで、その妻の声を聞く事ができる人は何としあわせな人だろう。

万葉集から引用しましたが、その続き。
最近白髪が少しずつ増えてきた気がします。そして妻にも時々白髪を見かけます。といっても、まだ30台(妻は30台前半そこそこ)。息子が生まれたばかりだし、これからいろんなことを家族で楽しんで苦しんでいくのでしょう。以前は抜いたりしてましたが、白髪を嫌がらなくなってきました。ただでさえ天辺あたりが薄くなってる?なんて思っている今日この頃、白髪だってちゃんと「髪」だから、抜くことも無いか、なんて思っています。
結納の品に共白髪(ともしらが)がありますが、我が家はどうだったかな。西日本では結納のときに高砂人形(翁(おきな)と媼(おうな)の人形)もよく見かけますが。「共に白髪になるまで末永く幸せにいよう。」万葉の頃からまったく人の希望はかわらないものです。

我が家の車中の定番CDは「湘南乃風」。照れくさくて「純恋歌」は入れてはいませんが、時々聞くといい歌だと思います。

「白髪の数喧嘩してしわの分だけの幸せ 二人で感じて生きて行こうぜ」(「純恋歌」;湘南乃風)

二人の間では、どんな呼び名がありますか?白髪になるまで「バカップル」だと思われるぐらい幸せでいたいもんです。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://uyudo.blog16.fc2.com/tb.php/516-de0f693a
Listed below are links to weblogs that reference
白髪;万葉集-純恋歌 from 烏有洞 Uyudo

Home > Days(日々) > 白髪;万葉集-純恋歌

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top