Home > スポンサー広告 > えのころぐさ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://uyudo.blog16.fc2.com/tb.php/208-88501671
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 烏有洞 Uyudo

Home > スポンサー広告 > えのころぐさ

Home > No category > えのころぐさ

えのころぐさ

0608nekojyarasi.jpg


関西出身の僕には「ねこじゃらし」という名前の方がなじみがある。岡山/山口あたりだと「とうとう」「とうとう草」と言うらしい。とうとう=疾う、疾う、の意で「おいで。おいで。」という事らしい。
えのころぐさとは、「狗尾草」と書く。毛の生えた花穂が子犬(えのころ)の尾っぽに似ているから、と言われている。又、「和名抄」(平安期)には「いぬのこぐさ」と記されている。確かにそういわれれば似ている。 それで「とうとう」がわかる。
この草でよく遊んだ。本当に猫じゃらしに使える。掌に軽く握ることを繰り返すと生き物の様にあがってくる姿がとても面白い。昔の子供もこの草で遊んだ。「和漢三才図絵」(江戸期)にもこの穂で遊ぶ姿がある。

これ草を見かけると秋口だ。
たくさんを無造作に生けると、そこには秋。

-ゑのこ草おのがこころ穂に出でて
秋おく露の玉宿るらむ  (「夫木集」)
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://uyudo.blog16.fc2.com/tb.php/208-88501671
Listed below are links to weblogs that reference
えのころぐさ from 烏有洞 Uyudo

Home > No category > えのころぐさ

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。