FC2ブログ

Home > 2010年11月16日

2010年11月16日 Archive

広島;あなごめし@広電宮島口

小説の事で広島に触れたので、広島の話。Future listではないのですが、先日Mixiで高校の同級生あびあびさんが宮島の旅行記を書いていて、広電宮島口駅前の「あなごめし屋」の事を思い出しました。宮島には就職してからは行っていないので、もう十数年になりますね。穴子の白焼きなんて昔は食べたことがなかったですけど、大学の同級生のNさんのご実家で親父さんがふるまって下さった穴子の白焼を食べてからというもの、穴子は白焼きが一番すきですねえ。勿論蒲焼にした時のタレは、それぞれのお店の想いもこもっているでしょうから、それはそれで別の楽しみ方なんですけど、酒と楽しみたい僕には白焼きが一番あいますね。

広島湾に流れこむ川からの栄養が牡蠣を育て、その牡蠣筏の下で穴子の餌が豊かになることが穴子が育ちやすい条件だそうで、広島では昔は延縄漁(のべなわりょう)で獲っていたので、針の大きさで大きさが揃ったらしいですが、今は筒漁になっているそうです。筒漁ってghost fishingは大丈夫なんでしょうかね。
いい穴子の見方として、脇がプルンッとしていて、お腹が黄金色に輝いていたら、っていうのを読みましたが、まあ、穴子を生で仕入れることは暫くないでしょうから、僕にはまだ必要のない知識かな、、、。

記憶だけでWebで調べたことがなかったのですが、、、。
あなごめし;うえの
http://www.anagomeshi.com/

広島;Book;田口ランディ「永遠の火」(「被爆のマリア」に収録)

夜、子供を寝かしつけてから読んだ小説。「家を出てから父と十分に話す機会を持たなかった娘が結婚を控え、父が望んだのは原爆の残り火を使うことだった。」自分だったらどうだろう、と考えながら、腹を立てながら、心を揺るがせながら読んだ。

人と人との関係の中にある平和、親子の間の愛情を思いながら、我に返った。

Days;親子の記憶

朝一にgreyhound(高速バス)に乗るJongさんをDowntownでdropして戻ってきてもまだ薄暗い。息子Cooの手を握ると寄ってきて、暫く寄り添って寝てから、安心したらまた離れていく。寝ている間の一人寝がまだ寂しい時があるようです。

朝のNewsでHondaがCivicの日本国内向け生産を止めるとの出ていた。Civicは僕の記憶にある家の車第一号で赤のCivicでいろんなところに連れていってくれたものです。記憶はぼんやりとしているけど、あの頃の両親の気持ちを今、私達夫婦が味わっているのかな。

妻と子供達は、Cooの学校の見学に行ったらしい。お向かいさんところも通っている学校らしく、来年から始めるかなあ。いつものように夜帰ったら、Cooと夕食後のお絵かきTimeを楽しんでから寝た。CooとKahoの寝顔を見ていると本当に健やかに育つことを祈る気持ちですね。寝かしつけてから、妻も起きだして、playgroupのbaby showerのinvitation card造りをがんばって、私は横でHamacherのpinot noir wine"H"2007を飲みながらNetをしてから、田口ランディさんの短編を読んでから寝ました。

Hamacher wines
They are sold direct from the winery, at The Carlton Winemakers Studio, which is home to eight individual vintners that produce some of the region's most coveted wines.

Open Daily 11:00am-5:00pm
Located at: 801 North Scott Street, Carlton, Oregon 97111
Phone: 503.852.7200
http://www.hamacherwines.com/hamacher/index.jsp

今日のご飯;
朝;raisin bagel, baked sweet potato(焼き芋) and coffee
昼;Panda Express (中華)
夕;豆腐と野菜あんかけ、ほうれん草のおひたし。

今日の英語;
「ほうれん草のおひたし」の説明英語で調べたらboiled spinachってなっていた。そのままやなぁ。なんだかもう少し良い表現があればなあ。

Index of all entries

Home > 2010年11月16日

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top