Home > 2010年08月

2010年08月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

流星と彗星

一昨日、昨日とペルセウス座流星群(Perseids)を見ました。流星群というのは、彗星が尾を引きながら残していったチリの帯と地球の公転軌道が交差した場所、つまりチリのある空間に、地球が突っ込んでいってそのチリが地球の大気中で燃えることで見える現象です。彗星や彗星由来のチリは公転していて、運動方向と速度があるのですが、勿論、地球と正面衝突するとは限らず、斜めに衝突することが多くなります。そのために流星が飛んでくる方向(輻射点)が特定されることと、勿論、起動が交差する時期も特定できるため、この時期に、この方向から流星が見られる、という特定ができます。ペルセウス座流星群の場合、日本のお盆のころ(8月12日頃)にその交差点に入るために、毎年この季節に見られるわけです。

元になる彗星を母彗星と言いますが、ペルセウス座流星群の母彗星はスイフト・タットル彗星(109P/Swift-Tuttle)です。この母彗星は1992年に回帰しました(周期133年)が、その付近年では平常の2倍以上のペルセウス座流星群が観測されています。

天文好きの人にとって、流星は少し趣が異なる現象です。普通、天文で見ている対象は、何光年・何万・何億光年という先にある星のことか、惑星系か月、太陽といった比較的「近所」の宇宙の現象ですが、流星は、夜空で見ますが、大気圏に入り込んで燃えるチリの現象です。ほとんどそれは宇宙というより地球の範囲での出来事。勿論、母彗星は完全に宇宙の領分ですが。

ペルセウス群を観るようになってから、もう20年以上になります。高校生の時に、K高校ではマイナー部活(K高校だけはないかもしれませんが)である地学研究部に入っていてよく流星群は見に行きました。

私にとって天文との関わりの始まりは、もう少し遡り、1986年のハレー彗星(Halley's Comet)を見たことでしょう。近所の「小金持ち」さんの同級生がハレー彗星にあわせて望遠鏡を買ったんだ、という話を聞いて、いいな、とは思ったんですが、経緯台の望遠鏡買っても、望遠鏡に星を導入してもどんどん移動していっちゃいますからね、赤道儀じゃないとね。おねだりしなくて正解だったんですよ(やっぱり羨ましかったですけどね。)で、私の見る手段といえば、肉眼!この素晴らしい「光学系」で私は空を見上げることを知りました。初めてハレー彗星を探して空を見上げた日に、偶然流星を見たのですが、後から思えば火球クラスといっていいほど大きな流れ星で、それで魅了されてしまいました。「天文は面白い。」そこからズブズブと天文の世界に入っていきましたね。

天文熱が若干落ち着いたのは、大学で農学部生になって「農」の面白さに入っていたからですね。天文を学問でやることは結局選びませんでしたが、天文がアマチュアで楽しめる世界でもあるので、これからもずっと楽しんでいきたいな、とは思っています。最近、息子に星座の本を買ってあげました。その本が息子はお気に入りです。息子や娘がもう少し大きくなり、もう少し夜更かしをしてもよくなったら、連れていきます。

ペルセウス座流星群2010

ここ二晩連続で家の庭にて、極大を迎えたペルセウス流星群を義母と一緒に見ておりました。若干僕の解説つきです。

高校生の頃に地学研究部という"マイナー系部活"にも属していた私としては、ペルセウス座流星群を観るというのは毎年の行事です。高校時分に地学に足を突っ込んだおかげで、化石にも興味範囲を広めてしまい、高校生、大学生のころは化石発掘調査団なんかにも参加して、夏を過ごしていました。夏というのは地学の季節ですね。

ペルセウス群は毎年見ています。この時期に流星を見るのはまだまだ楽な方で、冬場のふたご座とかしし座の流星群は厳しい。防寒をしっかりして無いと。でも、こちらのこの時間(夜中2~3時ぐらい)というのは、だいたい摂氏15度ぐらいで、肌寒いですよ。夜は完全に秋モードへと突入しつつあります。今年は本当に気象がおかしいですね。

風邪引かないようにして、さて、寝ますか。

京都;いってみたい店;懐石カフェ「蛙吉(あきち)」

  • Posted by: TORU
  • 2010-08-09 Mon 18:23:19
  • Foods(食)
友人ののらくらさん夫婦がBlogでご紹介されていたお店、懐石カフェ「蛙吉(あきち)」さんです。

↓のらくらさんのBlogから
http://tnorariskurari.blog9.fc2.com/blog-entry-40.html
ほとんど備忘録の意味もあってUpしておきます。どなたか追加情報があればお願いします。僕は行ったことがありませんが、美味しそうですね。検索すると結構出ていますね。いいお店だろうな、という感じします。京都の夏は暑いからね、そんな暑さを優しく忘れさせてくれるような逸品が出てきたら、夏の京都に行ってもいいかな、、、いや、やっぱり別の時期にしよう、暑いの苦手ですしね。
のらくらさんところの夏野菜も食べてみたいけど、秋の方がいいかなあ。


懐石カフェ「蛙吉(あきち)」
所在地:京都府京都市伏見区深草一ノ坪町20-13
電話:075-644-1530
営業時間:10:00-18:00(L.O17:00)(ランチ)12:00-14:00
定休日:日・祝・毎月1日
URL:http://www8.plala.or.jp/cafe-akichi/

Food;冷麺・冷やし中華@自宅,OR

  • Posted by: TORU
  • 2010-08-09 Mon 13:20:46
  • Foods(食)
20100805 Japanese Reimen
↑義母の冷麺にはキャベツが入ってました。おいしい!

先日、日本式の冷麺(冷やし中華)をいただきました。先日、近所でmul raengmyeon(水冷麺)を頂いたばかりですが、暑い日はこう言うのに限りますね。私は関西出身ですが、冷麺と冷やし中華の呼称は区別なく使ってたなあ。確かに冷やし中華、といういい方より、冷麺の方が自分は慣れているのですがね。子供の頃、夏の定番として食卓にのぼった冷し系料理の一角をなすもので、素麺、蕎麦、そして冷やし中華がありました。ひやしうどんが入ってきたのは相当後です。その中では一番豪華で手間のかかる(といっても具材を切るだけですけどね。)やつですね。子供ながらに、ここまでやるならラーメンにすりゃいいのに、ぐらいに思っていました。だいたい酸っぱいタレが苦手でしたね。それがいつの間にか、好きになっていました。

食べ物の話になるといつも「元祖」がどこだ、とかいう話になりますが、そういう話って比較的にどの人でもはいってくるお話なんでしょうね。この日本の冷麺・冷やし中華も仙台が元祖だ、みたいなサイトを見つけましたが、意外と古いんですね。

仙台説;
http://mygcn.net/stamp2007/history.html

Child; Blackberry @Beaverton, OR

20100805black berry1 20100805black berry

Recently, the sun sets later, my son and I work around neighbor before night. The other day, my son picked blackberries on the road shoulders. He enjoyed taking the blackberries and I took a picture by my blackberry.

トラックバックテーマ 第1017回「メモを取るツールは何を使う?」

Child;長女、1ヶ月が経ちました。 

20100804 Kaho
KAHOちゃんも一ヶ月が経ちました。だんだん表情が出てきましたね。おねだりする感じが長男とはまた違いますけどね。
長男Kugaは、我慢我慢の毎日です。

AZ?NY?; AriZona@office, OR

20100804 Arizona

先日AZ出張でサボテンがいっぱい、という話をかきましたが、今日はAriZonaというDrinkを飲みました。勿論AZシリーズはいろんな味があるのですが、今日のトライは”スイカ”です。
想像にやすいと思いますが、スイカのジュースはいまいちです。

いまいち、というか、甘!!!そして、◯ずーーーー!

<追記>20100805
十数年前に、鳥取でもスイカジュースが販売されていましたが(今もあるのでしょうかね)、生臭い感じがとてもではないですがおいしくはない、代物でしたね。

Korea; mul raengmyeon @ Beaverton,OR

20100804reimen.jpg
先週、今週とこちらも暑い。日本は電話で話をすればするほど、帰りたくなくなるような暑さのようですね。特に今年は酷いみたいですが。農家をやっている友人もいるので心配です。

先週、「暑い最中なんで辛いものがいいよね」と思い、お昼ご飯にいつものKorean Restaurantに行きましたが、メニューをみて、気分が変わってムルレンミョン(水冷麺) に変更しました。そういえば最近冷麺食べてないな、ということで。当たり前ですが冷たくて、プルプルのあの歯ごたえがやめられません。噛みごたえのある糸こんにゃくを美味しいスープで頂く、みたいな雰囲気です。食べやすくするためにハサミで切って食べるというのKorean wayでいいです。

家でも簡単にできそうですけど、スープの味がお店によって決まるわけで、それを食べに行く、みたいなもんですかね。
先日メクチュがとっさに出てこなくて忘れてるなー、と思いましたが、ムルレンミョンは覚えておりました。

AZ; 道端にサボテン @Phoenix郊外

20100803 AZ saboten
先日、近所のスーパーWでサボテンが売っているということを書きましたが、サボテンといえば、先日出張に行ったAZ(アリゾナ州)でもものすごい数のサボテンを見かけました。7月中旬に行った出張ではPhoenix,AZから車で郊外に2時間ほど走りましたが、highwayを走っているとすぐにサボテンだらけの枯れた土地に出くわします。人よりも大きなサボテンがにょきにょき生えています。地元の人に聞いたのですが、一年で約1インチ~数インチ(数cm~十数cmレベル)ぐらいしか大きくならないらしくて、そう言われると、

「でか!何年あなたそこにたってるの?」という気持ちになりますね。

写真の通り、道端にポコン、ポコンと生えています。そして写真は無いのですが、あっちにもこっちにもサボテンが生えているものだから、そりゃ「食べてみるか」って気持ちになるのも解ります。刺なんか抜いてしまえばこっちのものです。Mexicoだけじゃなく、サボテンを食べようと思った人たちがいっぱいいたんだろうな、というのが想像に易い土地でした。いやー暑かった。空港に着いた途端、116Fです、って書いてあるし。車はクーラーガンガンでした。その日は2時間の道を往復しましたが、やっぱり一日にせ

いぜい4時間ぐらいしか車で走るべきではないですね。

福井;絲山秋子さん「海の仙人」(新潮文庫)

20100802uminosennin.jpg

「中村は中村の孤独の中に入っていくのだ。」

孤独は「心の輪郭」であり、「最低限の荷物」だとするところについて、解説の福田和也さんも触れていますが、言葉は違うけれども自分が持っている孤独の「像」と一致している。この言葉に出会えてよかった。本の内容そのものは、個人の好みでいったらもっと削った物語が好きですけど、これはこれで十分な中編なんだと思います。この頃小説を読む時間を取れていなかったので、よかった。

小説の舞台となる、福井・若狭の海の青さが、すっと蘇ってくる作品です。

ちなみに写真の「海の仙人」文庫本の下にある文庫本はなんでしょう?これだけで当てられたら、すごいな。ヒントは「海」。(ヒントになってないかー。)


若狭美浜(敦賀・福井);子供の頃よく連れていってもらいました。
http://www.wakasamihama.jp/

社団法人敦賀観光協会
http://www.turuga.org/
→もう少し整理されていると見やすいんですが、、、。

Mexico; Nopales @ Win**, Beaverton, OR

20100802 Nopales

面白いものが売っている、近所の安売りスーパー、Win**。お隣CA州ほどではないけど、Mexicanが結構多いからかこんな食材が売っています。刺、ありますね。Nopales(ウチワサボテン)です。大学生の時に学校にあったのを炒めて食べたことがありましたが、印象に残る味ではありませんでした。それ以来食べていないかな。このお正月にMexicoにいった時もNobalesは食べていない気がします。今度このNopalesはサラダ(Ensalada de Nopales)にでもして食べてみます。

サボテンといえば、トンカツ屋さん。トンカツが食べたくなってきました。昔、韓国で無性にトンカツ(Koreanでは"トンカス"に近い発音)を食べたくなって、入ったお店がサボテン、ということも有りましたね。


トンカツ;サボテン
http://www.ghf.co.jp/saboten_rest/index.html

Food; 豆腐ショック!@Win**

  • Posted by: TORU
  • 2010-08-02 Mon 00:22:57
  • Foods(食)
20100801tofu shock1
近所のスーパーに見る面白い物、めずらしいもの、というシリーズが出来るぐらいご近所のスーパーでも、驚きに連続です。今回は、安売りでCostc◯と双璧と言える"Winc◯"。CedarhillにあるWにはよくでかけます。Wは本当にに安いので(15玉ぐらい入ったじゃがいもの袋が$2弱とか、とうもろこし1本35centだとか)よくでかけます。土曜日は、息子とお義母さんとで買い物に。

そこで見たのが写真の豆腐。最近の健康食ブームもあってだと思うのですが、Tofuは認知されてますね。安売りストアのWでも豆腐が売っています。しかしよく見ると、棚がおかしい。(いや、多分、並べたお店側は至って真剣)。よく見てください。

20100801tofu shock

普通の豆腐の横にある代物。桃、マンゴー入デザート豆腐???これは杏仁豆腐の桃マンゴー版か?それとも本当に豆腐にフルーツ味をつけたか?買って食べていないので、正体不明ですが、どちらにしても棚として隣同士にあるのはおかしくないか?フルーツ味の豆腐ならこの配列はいいのか?これを味噌汁に入れる誤解が生まれやしない本当に気になる逸品でした。

Food; Blue cake!! at S***way

  • Posted by: TORU
  • 2010-08-01 Sun 23:53:11
  • Foods(食)
20100801 Blue cake
日曜日はお隣さんのお誕生日でPartyに行きましたが、こちらのPartyでちょっと「気が進まない」のはCake類です。本当にとんでもない色のCakeがあるんですよ。そして、歯が浮くような甘さ。どんな甘さを求めるとこの甘さになるのでしょうか、といいたいようなCake達。
日本では、結構Cakeを手土産に帰ったことがありましたが、こちらに来てからというもの、自発的にCakeを買ったことがありません。

いろんな「およばれ」で頂くCake達の甘いこと甘いこと。日曜日の誕生日Cakeも甘いのは甘い、impactある甘さでしたが、まあ、それでもチョコレートケーキベースだったので息子と2人で半分こ、いや息子が6割強食べたな。。。甘いものに目がないんですよね、子供って。。。

さて、そんなご近所のケーキはまだまだ普通。土曜日に近所の"S way"で見つけたcakeが写真のCake。結構impactある色をしているでしょ?この"S"は比較的にいい商品が揃っているお店なんですけどね、、、それでもこんなのが店頭に並んだりします。有りなんかな。

こっちのcakeはあーまいぞー。

こっちのお菓子なcake達↓
http://cakewrecks.blogspot.com/

8月突入

8月突入しましたね。日本はうだるような暑さが続いていると聞きます。ご自愛下さい。

今日8月1日(もう昨日ですね)は、お隣さんのマディーのお誕生日のPartyに参加してきました。お隣さんの家族は本当に穏やかな家族ですわ。一緒に招かれていたお向かえのCostaの家族もすごいいい人ばかりですなあ。近所に恵まれていることを再確認した日曜日でした。

*****

今日の日曜日は、盛りだくさんでした。朝から、妻と息子は買い物。僕はほぼ徹夜あけで、仮眠。戻ってきたら、今度は息子が土曜日に行かなかった図書館に行きたい!ということで、図書館へGo!絵本コーナーでじっくり2時間弱。満足したかな。戻ってきたらParty。それが終わったら、もう晩ご飯の時間でした。息子は今日一日楽しかったかな。

7月は16更新でしたね。まだまだ本調子ではないですが、8月はもっと伸ばしたいなー。

Index of all entries

Home > 2010年08月

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。