Home > 2010年05月

2010年05月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

USA;Vending machine@ houston,TX

CIMG0582.jpg CIMG0583.jpg
USA;Vending machine@ houston,TX

日本の街中、いたるところで見かける自動販売機ですが、私のすむOregonではshopping mallで新聞、DVDのレンタル、Lottery(ロト、賭け事)が主で、時々beverage (ジュース)を見る、といったところです。(もっと街中に行けば違うのかもしれません。)それから、郵便局の切手関連かな。

日本は、本当にいろんな自動販売機がありますよね。もちろん一番多いのは、ドリンク系、そして「タバコ」なんでしょうけど。サービスエリアで見かける、カップラーメン、たこ焼き、ハンバーガー、たい焼き、田舎の国道沿いの「24時間営業」とか書いている「うどん」。(うどんの自販機については、子供の頃からすごく興味のある自販機の一つです。)おでん缶なんかはとても話題になりました。日本は特に自動販売機が好きなのかな、と思わせるほどの隆盛ぶりです。 あまり人と接して買いたくないもの系として「Hな本」などは、なんとなしにその心理はわからなくも無いですけど。

まあ、自動販売機は、「便利だけど見た目(景観)悪くするから」とか、「お金と商品とが一緒におかれていたら盗まれるから」といったことも言われますが、本当のところはどうなんでしょうね?ここOregonを見る限り、見た目を気にしているような気がしませんが、、、。

日本よりその種類では「少ない」気がする自動販売機ですが、こちらにはiPodなどの小物家電が売っている自動販売機があります。まあ、そんなに普及しているわけではないですが、空港や、大きなmallで見かけたことがあります。こんな高いもの、自動販売機で売らなくても、、、という気がしますが。ともかく「話題」提供を含めて、の自動販売機なんでしょうね。日本も負けずに、ネットブック PCなんかも自動販売機に、、、ならないかな。

ちなみに自動販売機の歴史は、1世紀まで遡るとのこと。ギリシャの数学者ヘロン(Hero of Alexandria;c. 10–70 AD)が発明したといわれているholy water「聖水」の自動販売機と書いてありました。この「聖水」の意味がよくわかりませんが、硬貨を入れるとholy waterが出てくる、という、なんとも、現代人の私には「バチあたり」な自動販売機だというのが、面白いですね。また、ギリシャ、ローマです。

一般社団法人 日本自動販売機工業会
http://www.jvma.or.jp/information/qa_02.html

Book; Memoires d'Hadrien - ユルスナールの靴

200px-Bust_Hadrian_Musei_Capitolini_MC817[1]

マンガ「テルマエロマエ」の時代背景はハドリアヌス帝(在位;10 August 117 ? 10 July 138)となっていて、Marguerite Yourcenar(マルグリット・ユルスナール 1903-1987)の"Memoires d'Hadrien"(1951)「ハドリアヌス帝の回想」(多田智満子訳、白水社、2001年)をちゃんと読んでいないことを思い出しました。M.Yourcenarの本は何冊か持っていますが、この本は結局図書館で借りて読もうと、何度かやって時間がなくてちゃんと読めていない作品なんですよね。
駐在する前にこの本を買った、と思っていたんですが、買ってませんでした。昨日本棚を見て「ああ、買っていない」ということを再認識しました。買っていたら、この本を持ってこないとは考えられないですね。日本の本棚にも、トランクルームにも入っていないはずです。そして、友人にも貸していないはず。

20100511 Bookユルスナールの靴

そんなことを見ながら本棚を夜中にふらっと眺めていて、須賀敦子著「ユルスナールの靴」を読み始めました。これは作者の生前最後の著作で、M.Yourcenarとその作品の作中人物に注目して紡がれた作品です。静謐な文章を残したM. Yourcenarとそれをなぞるかのような文を書いた、須賀敦子の作品、2人の女性を重ねながら、今晩も続きを読みます。


ハドリアヌス帝の回想
作家が20歳のときに構想され、その後一時的な放棄の期間を経て48歳でようやく完成をみた作品だそうです。ユルスナールの最も有名な作品。
http://www.syugo.com/3rd/germinal/review/0056.html

Book; 漫画;ヤマザキマリさん「テルマエロマエ」

  • Posted by: TORU
  • 2010-05-11 Tue 01:59:50
  • Books(本)
20100510テルマエロマエ

今週末も本屋に出かけました。2010年マンガ大賞のNewsを見て、買おうかな、と思ってK書店に行ったらちゃんと棚に3冊もおいてあり、ちゃんとマンガ大賞のことが書いてありました。さすが売れ筋なんでしょう。うがった見方をすれば本屋さんがPOPを書きやすい(=らくちん)な本なんでしょうね。マンガ大賞っていうのは、書店員を中心とした有志による選考委員・実行委員が、手弁当で集まり活動している、とのこと。賞があって注目されれば、売れるわけで、是非とも続けて欲しい賞ですね。

マンガ大賞
http://www.mangataisho.com/index.html

ええ、騙されて見ましょう、この手の遊びに付き合うぐらいの心の余裕をもって本は買いたい。(小銭の余裕があればの話ですが。)「コミックビーム」に不定期連載している、と言われてもコミックビームをちゃんと読んだことありません。表紙の帯の掛かっていたところがちょうど、下半身部分であるところに遊び心を感じながら、まず帯を剥がすと、、、ああそうですね、ちゃんと隠されておりました。写真では小銭で隠しておきました。

帯には「古代ローマの男、現代日本の風呂へタイムスリップ!!そこで目にした日本の風呂文化に驚愕した彼は…!?」。いいですね。中身の設定が分かるように書いてあります。設定時期のHadrian(ハドリアヌス帝)の時代はローマに陰りが見えてきた処の時代で面白い時期です。

中身については、個々人の感性によるものなので、そして勿論ネタバレにならないように書きません。是非とも自らの楽しんで下さい。
春風亭小朝さんがOfficial Blogで書いていましたが「それこそ半身浴をしながら読んだら楽しいかも」、確かに、本が波打つことを覚悟の上で楽しむのも一興です。

¥我が家でも風呂で楽しもうかな、、、と思いましたが写真の通り、息子と一緒に入ることが多いので、むりですね。風呂で本などということは。

USA; RR Burger@OR

20100505 RR
One of my routine meals "Royal RR Burger"

今日のお昼は、以前もUpしたことがあるRR(レッドロビ◯)というBurger屋でした。やっぱり、チェーン店系ではここは3本の指に入ってきます。
今日は、忙しいせいなのか付け合せのポテト(french fry)が少なかったので、お代わりをお願いしてしまいました。

いやー、Burgerでお腹いっぱい。
Who Moved My Cheese?じゃないですが、僕のダイエットはどこにいったんでしょう。。。

Index of all entries

Home > 2010年05月

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。