Home > 2010年02月

2010年02月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ART site

Feb.18.2010 update

ART iT (Asian ART) site
http://www.art-it.asia/top/?lang=ja
Asian Art関連。


Museum-cafe
http://www.museum-cafe.com/ビジュツカンニイコウ!

ヒサシブリニ、ARTノメールマガジンヲヨンダナー。

第906回「図書館は利用しますか?」

FC2 Blogのトラックバックテーマ、初めて書いております。

図書館ですね、最近毎週使ってます。

最近気に入っている使い方;
子供の絵本は子供が何が気に入るかわからないので、それまでのテスト、として借りてきていますね。
気に入れば、買います。
なかなか子供のお眼鏡にかなう絵本や写真本て難しいですよ。

Arizona; Lettuce in USA

IMG00205-20100216-0129.jpg IMG00206-20100216-0130.jpg

子供向けの音楽絵本で毎日のように「スイカの名産地ー」と流れるのをきいて生活をしているTORUです。

さてちしゃなますを作って和風を楽しんだ後に、今住んでいるアメリカにおける「レタスのめいさんちー」ってどこ?ということ、そして旬はいつよ?って気になりました。

ちょうど、息子に読み聞かせるためにphotobookを図書館から借りてきたばかりでした。載ってましたね。

レタスの名産地は、Arizonaで旬はFeb.まさに今、だそうです。Transitできせずして、Pheoenixにたどり着いたことはありますが、何もなさそうなところでしたが実はレタスの名産地だったのです。

Yuma,AZ; Lettuce Days Festival
http://www.yumalettucedays.com/

Book info;
"Harvest Year"
Author;Cris Peterson Photographer;Alvis Upitis

山口;Lettuceでちしゃなます

IMG00204-20100215-2026.jpg

今日はLettuceで一品、ということでいろいろな「炒め」系を考えたのですが、昨晩もチンゲンサイの炒め物だったので葉物・炒め系はやめて、王道のサラダ系の一品。

Green saladといったら、ちぎったLettuceだけが出てくる、という話はいろんな国でもあるようですが、これを”Honeymoon Salad”(Lettuce only = Let us only)と言うといわれても、笑えるのはHoneymoonでハッピーな人だけか?(笑) 
ま、ほぼLettuce Onlyの和系サラダを今日は作りました。
伝統的和系サラダ、「ちしゃなます」です。「ちしゃもみ」ともいうらしいです。長州(山口)の萩あたりの郷土料理で、種田山頭火も詠んだ料理だそうです。我が家には、カキチシャはないので、とりあえず、今が旬の普通のレタスを使って作りました。

<材料>(全部適当)
ちしゃ(レタス)
しらす、orいりこ
味噌
みりん

砂糖
山椒(好みで)

1、ちしゃをちぎって水に晒す。
2、しらす(またはいりこ)を焦げない程度に空炒りする。
3、しらすを骨ごとすり鉢ですって、味噌、みりん、酒、砂糖を加えて擂り混ぜ、好みの味の酢味噌を作る。
4、ちしゃの水気を切って、酢味噌で和える。好みで山椒を添える。
おしまい。

味噌を濃くしすぎると、味が濃すぎてしまうので、適度にのばしたほうがおいしいかな。
和系サラダ「ちしゃもみ」、お試しあれ。

<追記;2010/2/16>
友人じょんさんがMixiで書き込んでいましたが、サンチュもカキチシャで、この仲間です。

香川;獅子舞とレタス

IMGP4618.jpg
2007年3月徳島にて

なんだか「月とキャベツ」みたいな題名ですが、まったく関係ありません。
日本で一番最近に見た獅子舞は、梅の香りが豊かな2007年3月、四国徳島で見たのが一番最近かな。その後も日本に1年以上いたのですがね。この時の旅行は香川と徳島で、友人H君夫妻とY君とで楽しみましたな。あれから3年です。
Portlandも少しずつ暖かくなってきてきました。もうすぐ日本も花の季節がやってきますね。

梅の里(徳島県)
http://uyudo.blog16.fc2.com/blog-entry-267.html

さて春節Lunar New Yearの獅子舞の「採青(Chai Ching)」の生菜がレタスだということですが、そういえば、レタスって日本では、夏場はダントツで長野県が生産量が多くて、ほかの時期は香川、岩手、静岡、茨城が生産量が多いそうですね。ちょっと香川で調べてみましたが生産地ですから、勿論最近ばブランド化やらキャラクターなどが出されるのも今風ですね。「らりるれレタス」というのがあるそうです。

香川のブランドレタス「らりるれレタス」(高松青物商業協同組合)
http://www.t0831.net/blog/2009/03/post-58.html

ファイト・レタス(いわゆる「ゆるきゃら」なんでしょうか、、、、。)
http://www.city.mitoyo.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=3378

Lettuceというのは、ラテン語の乳汁Lactucaから来ていて、これは切り口から出る乳液に由来した名前だそうです。和名は、チシャ(萵苣・苣)ですが、これも「乳草(ちちくさ)」から転訛したという説がありますが、「縮葉(ちは)」が「ちさ(ちしゃ)」になったという説もあるそうです。なるほどね、前者の乳草だったら、同じような発想だったということになりますね。

さて、今晩の晩御飯はレタスで一品作りましょう!

China; 採青さいちん=Chai Chingで商売繁盛

800px-ChineseNewYearBoston07[1]
著作権に関する表記;
↑米国でも結構多いみたいですね。
Boston (talk). Original uploader was Boston at en.wikipedia (利用許可範囲;CC-BY-SA-3.0.)

Portlandにも中華街がありますが、今週はDowntownの中国庭園でもLion Danceが見られるということで週末は人が入場に並ぶぐらいでした。

蘭蘇園 Portland Chinease Garden
http://www.portlandchinesegarden.org/

横浜の中華街でも、獅子舞行事が行われたようですね。NetのNewsで見ました。
獅子舞行事のことを「採青(さいちん=Chai Ching)」と紹介されるのですが、何が「採青」なのでしょうか?

商売繁盛を意味した「採青」というのは、店先に吊るされたり置かれたりした生菜(レタス)を獅子が大きく伸び上がってくわえ採ることだそうです。
「生菜」と、「財を成す」を意味する「生財」の発音が通ずるため、商売繁盛を意味するそうです。獅子は、生菜を食べた後、それを再び吐き出すことで、各店の商売繁昌を祈願します。
確かに、Wikiから引っ張ってきた上記の写真でもレタスを食べようとしています!

なるほど。

USA; Portland春を感じて、Downtown

IMG00200-20100214-1259.jpg
We enjoyed shopping at downtown, St.Valentine's day. We browsed furniture store, becuase we are looking for "Futon" bedding now.

Yesterday we visited furniture store "West Elm" in downtown.
ちなみに、Elmとは「楡=にれ」の木のことです。

Westelmのtwitter
http://twitter.com/westelm

新年快楽!
春節(Lunar New Year)を迎えた週末、相変わらずのRainyな日々なので遠くに出かけるでもなく、Downtownの家具屋を物色、結局目的の「布団」は見つかりませんでした。昨日は人出が多かったですね、だんだんと春めいてきたからでしょうか。

Downtownの中国庭園では獅子舞(舞獅=Lion Dance)があるとのことで、たくさんの人が行列していたのが、若干新鮮な驚きでした。(興味あるんですね、、、)

Singapore?;food; Singapore style rice noodle

Rice noodle singapore style
Singapore style rice noodle

先日、近所の中華料理屋で食べました。menuを見ていてSingaore Style rice noodle?ってなんだ?ってことになり、とりあえず試してみましょう、ということで注文しました。
いつも、よく説明がわからなくてもとりあえず頼んでみよう、というチャレンジをして、幾度となく失敗をしてきていますが、時々成功があるので、、、。

出てきたのは、カレー味の焼きビーフンです。これのどのあたりが、Singapore styleなのか。Singaporeには私は行ったことがないので、真実のほどがわからないのですが、調べるとHong Kongや「Americaの中華料理屋」によくあるメニューだそうです。Singaporeの料理がSpicyなのでそれで、そのイメージが定着してSingapore Styleになった、ということですが、、、、本当かなー。
起源はSingaporeになし???

いや、味のほうは、カレー味の焼きビーフンですので、そこそこおいしいです。勿論、もそもそ、っとした食感が駄目、という人は駄目かもしれませんが。
menuで見つけた方、お試しあれ。

(というか、家で作れる!!)

Mixiの記事と逆転した人はすみません。(両方更新中なのですみません。)

Utha;Saltlake Cityの新年

CIMG0823-1.jpg CIMG0819.jpg

Vancouver Olimpicは今日が開会式でした。TV見ましたか?
いつも何故だかOlimpicを見てしまいますが、Saltlakeは2002年でしたね。先日の出張のTransitでSaltlake Cityを訪れましたが、空からみても本当に寒い地域ですね。内陸だけに冷えるのもしっかり冷えるのでしょうか。UthaにはSki場がたくさんあります。
そんなSaltlake Cityは、1847年に東部からやってきたMormon(モルモン教徒)の開拓者が拓いた土地です。そのため現在でもモルモン教徒が多い地域です。

そんなSaltlakeですが、明治の日本では「塩湖府」と記載されていました。そのままですね。塩湖府には、明治4年(1871年)末から5年(1872年)初めに掛けて、岩倉使節団が雪によって足止めを食らって思わぬ長逗留をしたという歴史があります。拓かれて24、5年しか経っていないアメリカ中部のこの町において、まだまだ町全体が建設中という中で教会が立派なものであったことに驚きが隠せなかったことが、記載として残っています。明治という大革命をやってのけた岩倉を頭とする革命家集団には、町の建設と教会というギャップは理解がいかなかったでしょうね。

Iwakura_mission[1]
(photo from pablic domain)
「明治五年壬申正月元日 陰雨雪ヲ交ユ、室外温度四十六度ニ下ル 滞留シテ塩湖府ニアリ、新年ナルヲ以テ一統ニ『シャンパン』酒ヲ賜フ、夜府中ノ官吏、及ヒ米公使「デロンク」夫婦ヲ招キ、旅館ニ新年宴会ヲ開ク、「スピーチ」アリ、主客歓ヲ洽(あまねく)クシ、夜一時ヲスキテ始テ徹宴ス」
(「特命全権大使米欧回覧実記」編纂;久米邦武(当時の随行員で後の東京帝国大学文科大学教授))

新暦である米国で、旧暦で正月をお祝いした使節団というのも面白い姿だってでしょうね。

さて、Asiaの国々は新年ですね。2010年で米国をすでに迎えている私ですが、Asia式に新年をお祝いしましょうか!

新年快楽!!

Index of all entries

Home > 2010年02月

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。