Home > 2009年01月

2009年01月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Key to our success

  • Posted by: TORU
  • 2009-01-28 Wed 14:54:45
  • U.S. Life
Today's Fortune cookie

You are the key to your own success.

It means self-responsibility...

4ヶ月検診

  • Posted by: TORU
  • 2009-01-28 Wed 14:53:08
  • U.S. Life
一昨日、息子の4ヶ月検診にいってきました。
体重はなんと倍を越え、7.5kgありました。 身長も70cm弱とでかい!

アメリカの水準の中でもでかい、といった感じでした。

顔のrashが痛々しいので、抗生物質の処方箋をもらって、薬局でピックアップして今試している所ですが、すこし効果があるのかな?

本当に最近重くなったなあと感心します。

そして、好き嫌いをはっきり出す様になって来ました。

Future? Now.

  • Posted by: TORU
  • 2009-01-28 Wed 01:59:28
  • U.S. Life
Fortune cookie...

A thrilling time is in your immediate future.

Everytime I enjoy thrilling it, I feel.

今日も夜な夜な飲みながら、、、

  • Posted by: TORU
  • 2009-01-27 Tue 23:11:36
  • U.S. Life
IMGP6760.jpg

今日も夜な夜な先日のAlaskan winter aleを飲みながらPCの前に座っています。
こちらの300mlボトルは6本セットなのでどうしても家にはいつもbeerのストックが出来た状態で飲んでおります。
今は、5種類ぐらいありますかね。

そういえば先日高い日本酒を買いました。またそれについては、、、追々。

ニセコ/アワグラス

リンクに以前行った、ニセコの宿、アワグラスさんの、blogを加えました。

この宿の家族は本当にフレンドリーな人で是非日本にかえったら行きたい宿の一つですね。ニセコ/アワグラス

Beerlao (Lao)

IMGP6826.jpg
“Shopping global”

I told you previously, I try to find goods from the across the world in everyday life.
I’m feeling the globalism in our life as a customer. The other day I bought Laotian beer.
Of course, I realize that it’s food miles are huge, I think. It isn’t “eco” style, it’s “ego” style…
Nevertheless, I continue to try…

I had never drunk Lao beer. Last night, I drank Lao beer.
By the way, I know little about Lao. How about you?

Lao, officially the Lao People’s Democratic Republic, is a landlocked country in Southeast Asia, bordered by Burma and China to the northwest, Vietnam to the east, Cambodia to the south, and Thailand to the west.

During the 8th and 9th centuries, Nanzhao南詔 was flourished in Southern China and Southeast Asia.
It was Bai's kigdom. It was centered around present-day Yunnan in China. Their first unified country was Kingdom of “Lan Xang” which was established in 1354 by Fa Ngum. Lan Xang means Land of a Million Elephants. Lan Xang prospered until the 18th, when the kingdom was divided into three principalities, which eventually came under Siamese suzerainty.

In the 19th, they was incorporated in the ‘Protectorate’ of French Indochina. After Japanese occupation during WW2, they gained independence in 1949. A long civil war ended officially when the communist Pathet Lao movement came to power in 1975.

This beer is top-fermented, pilsner type. Itis clear golden looks like Japanese beer. If you like Japanese beer, you will love it.
You will feel the crisp and light fruity rice aroma. It is brewed with jasmine rice, French malted barley and German Hallertau hops.

So, next time, I’d like to taste it with spicy Laotian food and Kao neaw. Kao neaw is glutinous rice. Kao means rice, neaw means sticky.







Alcohol 09-2 Zhiguljovskoje(Russia)

  • Posted by: TORU
  • 2009-01-26 Mon 02:30:21
  • Foods(食)
IMGP6838.jpg



米国も日本も似ているのは、世界中から物を買い集めている、といった感じがあること。日本はまだまだまねている、といった感じがあるんですが、米国に住んでいると、世界中のものを目にします。購入商品で世界一周どこまで行けるか、、、。

”Zhiguljovskoje”
今日は、RussiaのBeerを飲んだ。Russia Beerは美味しくない、という印象だけがある人もいるのでしょうが、一度は飲んでみるのが礼儀というもので、、、といった考えで、人生何度目かのRussia Beer。
今回の、Zhiguljovskojeは大手BaltikaのBeerだった。大手とか言われても他を知らない。いつもの様に、飲む前に冷蔵庫で一応冷やして、写真撮影。綺麗なGolden clearだねえなんて思いながら、さあ、夕方の一杯。

口に含んで飲み始めて、、、ん?

色も、口に入れた瞬間の炭酸のはじけ具合も、まあ、何処にでもあるようなBeerを感じさせてくれる。ああ、rightなのね、なんて思っていたらその後に来るだろう香りというか、、、。こないんですよ、パンチが。
ああ。水っぽい。Beerとしてあるはずの鼻から抜けるあの味と香りが薄い。

これは、Beerが古かったのか、と思わせる程の薄さ。確かに4%だから少しは薄く感じるのかも知れないが。Wodkaの国Russiaでこんなに薄い飲み物が売られているのが今一理解できないものではあるけれども、これもSt. Petersburgに行ってのめば美味しく感じるのか?

Zhiguljovskoje is clear golden lager Russian beer.
It's light bodied and pretty watery.
Actually, I bet it’d make good "cooking beer".


HPに言ってもロシア語だからほぼ読めませんよー。
http://baltika.ru/
Promzona Parnas-4, 6 Proyezd, 9 Kvartal
St. Petersburg, 194292

Alaskan winter ale from Juneau

  • Posted by: TORU
  • 2009-01-13 Tue 11:49:42
  • Foods(食)


Did you drink anything last night?

I drank Alaskan winter ale last night. This olden style ale have noble hops flavor and subtly floral aroma. Surprisingly, this is made from glacier-fed water!


本棚2009 村田喜代子著「蕨野行」

  • Posted by: TORU
  • 2009-01-06 Tue 02:02:18
  • Books(本)
2009年1冊目の読了は、村田喜代子著「蕨野行」でした。
年末年始の読書は風邪を引いたり、子供の相手をしたりの合間で読んだので、途中で途切れ途切れ読みました。この本はアメリカに来てから購入した一冊で、日本で読み落としていた本です。読後感がある本は久しぶりです。

この本は遠野物語のデンデラ野に取材した、姥捨の物語。
内容は「村では六十歳を越えた者は蕨野の丘に棄てられる掟がある。ジジ、ババは集い生活し、日々の糧を得る為、里に下りる、そして生きて死に往く。」
生きるために死ぬ。死ぬために生きるという、連環が底流した詩です。

以下二つ、書き抜き。
「命によりて生き行くか死に行くか、岐れ道は我が内に有るなり。おれだちワラビの衆もこのことは逃れずなり。」

「この押伏の地に未練残りて有るならば、励みて今一度生きたしと思いつる。良き所ならば未練も残らず。苦の土地なればこそうしろ髪引かれけり。」

苦しい世の中に生きるということは、今も変わらず。
文春文庫版の辺見庸氏の解説も読みごたえあって、良い一冊です。

蓮根ベーコン炒め

  • Posted by: TORU
  • 2009-01-06 Tue 01:59:41
  • Foods(食)


2009年も肴のようなお酒に合うようなものを食べたいと考えています。

さて、冷蔵庫におせち料理の材料で残り物の蓮根があったので、早速これを頂きました。蓮根だけではどうにも、酢レンコンかレンコンのきんぴらがおいしいところなのですが、いずれもおせちに近い系なので、ベーコンと合わせて炒め物に。
せっかくなので今度スープカレーに入れようと思っていた牛蒡と人参を急遽仲間入りさせ、合わせて炒め、最後は出汁醤油でさっと味付け。
蓮根のシャキシャキ、牛蒡の香りがとてもベーコンと合います。
一日冷蔵庫でおけば、味がなじんで、更においしい。肴にはいい一品です。

恭頌新禧

090101 Newyear1

恭頌新禧、あけましておめでとうございます。
Yahhhhhhhhhhhh Happy 2009!
Ich wünsche dir ein glückliches neues Jahr!
新年快楽 我在這裡祝福你!
새해 복 많이 받으세요!
Navwarsh ke lie apki shubh kamnaen !
Manigong bagong taon!
Felix sit annus novus.

あらためまして、あけましておめでとうございます。

29日はおせちの準備、(食材を得られるのに限界があるのでここまでどまりですね。)
081231 Osechi

30日は、Sさん宅にて一足先に、日本の大晦日に会わせて年越し蕎麦を頂きました。
081230 toshikoshisoba1

そしてこちら(Oregon州)の大晦日、朝一に日本に電話して、新年を迎えました。
Mixiで「おめでとう」書き込みをしている方々にもご挨拶、日付変更線からいって、それぞれに挨拶をだんだんとして行く、といった感じでした。
こちらの大晦日まで会社はあいてましたので、5時過ぎまで仕事を済ませて、家に戻り、

081231 toshikoshi-shoki-siba

こちらの大晦日に会わせて、年越し「ソーキそば」を頂いて、それからご近所さんところで軽く飲んで、NY(東部時間なので3時間早い)のNew YearをCNNで見て、それから先ほどこちら太平洋時間でも新年を迎えました。

地球が丸いことを実感できる、面白い体験でした。冒頭の新年のご挨拶はお仕事で関わっている方々のそれぞれの地域での挨拶、一番下はラテン語です。世界には本当にいろんな言語があるんですね。

2008年は我が家にとって北米への転勤と、第一子Kugaの誕生が我が家のBig waveでした。子供が9月に産まれ、まだ3ヶ月強なので今年は帰省はできませんでした。子供が飛行機にのせられる様になったら一時帰国したいと考えています。

2008年はお別れもありました。子供の誕生のすぐ後に伯父が亡くなり、子供の見せてられなかった事が残念でした。出発前は元気だったので、今生の別になるとは考えても居りませんでした。高校の時の恩師が他界され、卒業の時に「酒飲みすぎんなよ」って馬鹿な事を言って、素直に感謝の気持ちを伝えられないままになってしまいました。その時その時に、きちっと自分の気持ちを素直に伝えなければなりませんね。

さて2009年が始まりました。
どんな一年になるかわかりませんが、皆様と皆様の周りの方々にとって、よい一年となります様、お祈りいたします。

新年はやっぱりこの歌で締めます。

新(あらた)しき年の始めの初春の
今日(けふ)降る雪の彌(いや)重吉事(しけよごと)

(万葉集・大尾/大伴家持歌) 

Index of all entries

Home > 2009年01月

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。