Home > 2008年11月

2008年11月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Biscuits with gravy

  • Posted by: TORU
  • 2008-11-07 Fri 12:42:37
  • Foods(食)
IMGP6465.jpg
Biscuits with gravy
こちらに来てはまっている食べ物の一つです。写真はgravy が既にBiscuitにかかった状態。
初めて食したのはNY州に出張したとき。
長距離ドライブをしていて、もう何も食事処が見つからなくて、「ふがー」ってなっていたところに、いわゆるどこにでもあるような、ただただ食べさせるだけ(FoodというよりどちらかというとFeedされている感じさえ受けてしまうような)のAmerican Dinerが見つかったので、とりもなおさず入店。
どれもこれも今一なMenuが並ぶ中、ものの本では読んでいたが、見た目の悪さから食していなかったgravyを注文。
案の定、出てきたのは「美味しそう」とはいえない代物。

とほほ、やっぱり美味しくなさそうだー。
アメリカの飯ってなんでこんなに美味しくなさそうな感じを醸し出すんだ!
見た目はダメです。見た目が重要なアジア圏の国だったら完全にNGでしょうけど、ここはUSA。

同席したAmerica人は「うまいぞ」っていうし、注文したし、、、。
とりあえず少しつけて食べたら、、、「うまいよ、これ。」

BiscuitsはKFC(フライドチキン屋)で出てくるBiscuitsを想像してもらえればいいです。
UKのSconeによく似ています。Biscuitsの「ぬがーっ」と割れた横っ腹をナイフで割って、2つにして、その上からgravyをかけて食します。

「うまいうまい。見た目は汚れた洗濯糊みたいだけど、、、。」

Gravyは小麦粉に肉汁(ようするに肉のうまいところ)、牛乳なんかを足して滑らかにしたものだから、見た目が肉汁が足されたクリーム色。見た目は美味しくなさそう。
材料見ればそりゃうまいわな、、、って納得。
粘度があるし、小麦粉が入ってたりするから、体もぽかぽかするし、腹持ちもいい。

Biscuit 2個とgravyで満腹になって、車でつい寝てしまいそうになったぐらいです。
それ以来、いろんな店に入ってはgravyを注文。結構どんなところでもMenuにのっています。

Gravy

Index of all entries

Home > 2008年11月

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。