Home > 2007年04月

2007年04月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

薄い!

20070420084610

先週の展示会(ビッグサイト)で見てきました。
S社が発表した有機ELディスプレーTV。新聞でも報道されていましたが。
本当に薄い!です。
でもここまで薄いのが必要かワカラナイなあ。
デザインはいいから狙うべき分野は従来とは異なるのでしょうね。

菜の花、ダイコンの花

200704200830472


20070420083047


家の近所の家庭菜園には、花のために残した菜花が満開。
二つともよく似ています。誰かが残したのでしょうね。

寒のもどりがあったりで体調がすぐれないこともありますね。
珍しく私もそんな感じです。

お土産チョコ(フランス)

20070412231902
お正月に友人S夫妻がフランスから一時帰国した時のチョコがやっとたべられました。チョコって好きなのですが沢山貰いものがあるから順に食べています。お、美味しい。でもフランス土産?

トロサーモン(東京練馬)

20070412230026
先日の結婚記念日に食べました、メイン。トロサーモンってこってり、トロリ、ですね。

林檎の花(東京練馬)

20070412225503
練馬の小学校の校庭に咲き始めています。ソメイヨシノが終わったらもう咲き始めました。長野なら五月ですね。

鳥取の地酒(鳥取)

20070403223652
鳥取の地酒を頂きました。すっきりタイプの飲み易い逸品。
ちなみにお猪口はキルギスタン製です。

チョコフォンデュ(どこだ?)

  • Posted by: TORU
  • 2007-04-03 Tue 09:01:22
  • Foods(食)
200704030901222

20070403090122

横浜の友人に電子レンジをかけるだけのチョコフォンデュのチョコを頂いきました。結構前に貰っていたのですが、チョコは長持ちするので、イチゴの美味しい季節まで待ちました。

イチゴだけでも美味しいのに、チョコつけました。
イチゴは「あまおう」です。

チョコはベルギーかなあ?

深川丼(東京)

  • Posted by: TORU
  • 2007-04-03 Tue 08:53:34
  • Foods(食)
20070403085334

20070403085333

そろそろ旬の「あさり」を使って深川丼を作りました。
八丁味噌の汁の中にはあさりと厚揚げ、人参、ねぎ。
シンプルな漁師料理が発祥らしい。これで美味しい。
深川飯といえば、「あさり」の入った炊き込み御飯のようなものですが。(東京駅の駅弁にもありますよね。ちょっと量が少ないので、一杯食べたくない時にはぴったしです。)

りんごあめ(東京・靖国神社)

  • Posted by: TORU
  • 2007-04-03 Tue 02:24:44
  • Foods(食)
20070403022443

一昨日はあたたかく花見日和でした。いつもは人のが多いところは苦手なのですが、都内で花見の名所といえば、靖国神社、千鳥ケ淵。いってまいりました。(花の写真は別の機会に。)

靖国神社には出店が沢山ならんでいたので、定番りんごあめを。
歯で割るときのあの感触が最高です。子供の頃から出店といえば、、、。
出店で買うものって何ですか?

けんちん(新潟越後湯沢)

  • Posted by: TORU
  • 2007-04-03 Tue 00:47:48
  • Foods(食)
20070403004748
新潟の美味しいもの。けんちん。越後湯沢の駅前の「味らく茶や」の看板メニュー。車麩が味がしみていて美味しい。お麩がこんなに美味しいとは、と思う逸品。

テナガエビ(新大阪)

20070403004055
先週、出張で会社で缶詰になっていましたが、忙しい中で数少なく食べた美味しいもの。
やっぱりテナガエビは焼くのがいいな。

はなにら



IMGP3096.jpg


はなにら。英名はSpring star flower。その名の通り。
今年も家の近くの路地で咲いています。
ソメイヨシノが咲く少しまえから、路地で見かけるようになります。

南米原産の花で明治期に観賞用で移入したようです。育ちやすさから、全国で見られるようになりました。
春になると、「あ、こんなところにも咲くんだ。」と感心します。

岩波文庫は創刊80周年の最初となる1月の刊行本の一つに、木下杢太郎の「百花譜」の百選をもってきました。この医師であり詩人・作家でもある花絵の天才が最晩年に、戦争末期の灯火管制下に夜毎に描いた百花譜のひとつにも、このはなにらが描かれています。いつの時代にも、美しく、可愛らしい花。

母校の春の思い出は、欅並木の新緑とともに春を告げる、白い小さな星形の花。
今年も、春は小さなこの花と共にやって来たのでしょうか。

Index of all entries

Home > 2007年04月

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。