FC2ブログ

Home > 2006年07月21日

2006年07月21日 Archive

岡本太郎~太陽の塔~生命の樹



私の実家は大阪の千里丘陵にある。ここは約40年前まで竹薮で、1970年の大阪万博にあわせて開発された地域だ。「太陽の塔」は、大阪万博のテーマ館のシンボルとして建造され、万博終了後も引き続き万博記念公園に残された、岡本太郎の代表作の1つだ。

背面の顔塔の高さは70m、顔の直径は11m。近くで見ると相当大きい。上部の黄金の顔、正面胴体部の顔、背面に描かれた黒い顔の3つの顔を持ちそれぞれ未来、現在、過去を表している。関西に住んでいる人ならば一度は実物を見たことがあると思われるぐらい、有名な作品。私も何度行ったことかわからない。

ところで、この「太陽の塔」には内部構造があるのだが、内部は万博終了後は永らく一般非公開とされていた。が。03年以降は不定期に一般公開されている。太陽の塔の胎内にあるのは、「生命の樹」。
当時の説明では、「太陽の塔の内部につくられている高さ45メートルの生命の樹は、生命を支えるエネルギーの象徴であり、未来に向かって伸びてゆく生命の力強さを表現している。」とされている。
「生命の樹」は、単細胞生物から人間が誕生するまでを表しており、その姿は進化の系統樹のような様相だ。生命の樹というシンボルは極めて広汎に世界中に見られる。それを胎内に持った太陽の塔は、そのままビッグバンの体現のようだ。

万博当時は、丹下健三が設計した「お祭り広場」を覆う銀色のトラスの大屋根から、塔の上半分がつき出す形で建てられていた。

今は屋根は無く、写真のように空に突き上っている。

Index of all entries

Home > 2006年07月21日

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top