Home > 2006年03月

2006年03月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

カエラCD

20060322084800
久しぶりに邦楽のCDを買いました。我が家は、cableTVで音楽番組を見ているのですが、ここの所あまり買うことをしていませんでした。が、今回の木村カエラのは、初回版はDVD封入版が販売されていたので、PVが良かったので買ってしまった。東京ではいろんな店で初回版は売り切れ、という状況だったので、売れているようですね。

St. Patty's day March 17

金曜日はSt Patrick's Dayだったので、同僚とIrish Pubに飲みに行きました。

Saint Patrick (386-493)はIrelandにChristianity(キリスト教)を広めた聖人であり、Irelandの守護聖人です。この日はIrelandでは国民の祝日となっています。(Northern Irelandでは公休日。) 宗教上の祝祭日ですが、現在では世界中で「お祭り」となっています。 ChristmasやHalloweenみたいな感じ。そんなことで、この日はお祭り騒ぎで、Irish PubではAleが安かったのです。

店に入ると人の多さに唖然。多いことは予想していたのですが。想像を超えていた。立って飲むのも大変。この日を飲み明かそう、という人でともかく混雑していた。
↓お店はこんな感じ。
060317StPattysDayPUB.jpg


中にはちゃんとshamrock(三つ葉のクローバー)のmarkをつけた人も結構居ました。Celtの島Irelandにthe Trinity(三位一体)の教えを示すのに、「三つ葉のクローバーは、三位一体を示している。」として広めたことから、ShamrockはIrelandのマークです。
(CeltはChristianityを独特の形で受け入れてきた。この話は別の機会にCeltic High Cross(ケルト十字架)なんかの話としてlogしたいと思う。)

暫く立ち飲みでほろ酔いになってから、席をshareしてくれたので、座ってゆっくりとKILKENNYを飲みました。

060317KILKENNY.jpg



ちなみに昨年は吉祥寺のお店で飲みました。

Irish Network Japanのpub link
Irish Network Japanのpub link

<2009年9月17日追記メモ>
少しだけ追記しました。

キャラメル

20060313222403
最近、おやつにこっているのですけど、ジャンクな感じで微妙な味を選んでいます。先週は新潟名物笹だんごキャラメルでした。今週は何かな?

今日は中津川

20060313135405
今日は仕事で岐阜です。中津川方面にむかって走ります。春から岐阜のお客さんが増えます。

アサリ丼~アサリ洗浄?

  • Posted by: TORU
  • 2006-03-10 Fri 19:09:03
  • Foods(食)
アサリ丼に引き続き、アサリについて。
国産アサリって明記されているアサリをお店で選んでいることってありますか。
でもその努力は報われていないですよ、、、。

日本の食品表示はJAS法で定められており、その基準については、制定:平成12年3月31日農林水産省告示第514号、改正:平成16年9月14日農林水産省告示1706号の「生鮮食品品質表示基準」で示されており、第4条(2)ウ項で水産物を扱っています。

====================
ウ 水産物
(ア)国産品にあたっては生産した水域の名称(以下「水域名」という。)又は地域名(主たる養殖場が属する都道府県名をいう。)を、輸入品にあたっては原産国名を記載すること。ただし、水域名の記載が困難な場合にあたっては、水揚げした港名又は水揚げした港が属する都道府県名をもって水域名の記載に代えることができる。
====================

とある。
だから種アサリを海外から輸入して、海に放って暫くしてから水揚げすれば、十分「国産」扱いができることになります。(まあ、アサリは逃げれないから放って回収って感じでしょう。)
まさに"laundering(ロンダリング)"=洗浄っていう感じですね。何だか「抜け道」があるなあ。
launderingするもの。マネー、学歴、そしてアサリか?

You Raise Me Up

Turin (It Torino) Olimpic Games を見て色々な競技があるなあ、ということを改めて思いました。今回、注目を浴びた、Curlingなんか今ものすごい人気だそうです。(会社でやろうか、と言う話になって問い合わせたら、何ヶ月も予約いっぱいだそうです。)
その中で、いつも思うのが、見せる競技の醍醐味は、単純なsportsとはまた違う、ということだ。Snow Boardを日頃楽しんでいる身からすると、技の種類では無く「魅せ方」と言うべきなのだ。だから、全く違うものの様な気がする。(といっても今回のHarf Pipeで上位を占めていた海外勢は、商業ベースでのSBのshow bizの世界でも有名な人たちで、競技も魅せる事も別の次元でできるってところがすごいところなのだけど。)
figure skatingもそういった競技だと思う。だからこそ、最後に上位者にexhibitionがあって、最もこれがfigure skatingの姿である様に思う。

ところで、荒川静香選手がexhibitionで使った"You Raise Me Up"が今注目されている。
一度聞くと記憶に残る曲だ。美しい女性の声もその理由の一つかもしれない。
荒川選手が使ったのはCeltic Womanのcover versionであり、元曲はSecret Garden
(Composed by Rolf Loveland/Main vocal : Brian Kennedy/「Once in a red moon」(2002年)収録)。ちなみにこの楽曲は、大変多くのcover versionがあり、その数は100を超える。素晴らしい曲だからだ。

You raise me up, so I can stand on mountains
You raise me up, to walk on stormy seas
I am strong, when I am on your shoulders
You raise me up... to more than I can be.
<訳>
あなたがいれば立ち上がれる 高い山にも登っていける
あなたがいれば立ち上がれる 荒れ狂う海も歩いていける
私は強くなれる あなたを信じて頼っていれば
あなたがいれば立ち上がれる・・・本当の私より強く

岩原~舞茸ピザ(新潟)

  • Posted by: TORU
  • 2006-03-02 Thu 00:17:26
  • Snow (雪)
0602takake-iwappara.jpg

先日、上司の家族と雪山に行ってきました。2日間行ったのですが、一日目は我が家のホームグランドの舞子後楽園、二日目は僕は初めての岩原に行ってきました。岩原は本当に平坦な広いゲレンデです。個人的には、やはり舞子後楽園の方が好きです。

0602makitoisi-pizza.jpg

それでもって、帰りに「石と薪」という店でピザを頂きました。この店、美味しいですよ。このピザは舞茸のピザ。舞茸を薄くスライスして。それをのせて焼いているのですが、舞茸の香りが本当に生きていて、最高です。家に帰って舞茸ピザトーストを作ったのですが、本当に美味しいですよ。雪国まいたけで十分なので、一度お試しあれ。

おやつ

20060301223018
今日も仕事で遅いのでおやつを仕入れてきました。今日はキットカットです。木村カエラのCDついてきます。
木村カエラと同じ事務所の加藤ローサ、美人ですね。

過去ログ↓木村カエラ↓
カエラ

06年雪譜まつりその2

  • Posted by: TORU
  • 2006-03-01 Wed 00:54:33
  • Snow (雪)
060218seppumaturi3.jpg


060218seppumaturi4.jpg

雪で作られた祭壇の上で火が焚かれる。修験者が護摩を焚かれる。そして、その後、とんどの様に、様々なものが焚かれる。正月の注連縄や達磨やら。人々の願いが昇華してゆく。

Index of all entries

Home > 2006年03月

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。