Home > 2005年09月

2005年09月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

かやのさん?

20050930233010
ケーキありがとう。何となくおかしなことになってる?

ナタマメ

20050928185705
先日ナタマメを食べました。でけー!一度くらいは皆さんも食べたことがあると思います。鞘をゆがいておひたしにして頂きました。

メヒカリの記事を追記しました。

9/17の「いわきにて」の記事にメヒカリのレシピなどを追記しました。福島県のメヒカリに詳しいページのURLも記載しましたので、ご参考まで。それから、福島県のメヒカリの旬は冬で12月~3月頃です。

リンクの追加(スキー場)

  • Posted by: TORU
  • 2005-09-25 Sun 23:02:29
  • Snow (雪)
リンクに毎年利用している新潟の舞子後楽園スキー場を追加しました。もうすぐシーズンパスの購入受付開始です。冬に向けた身体作りが秋のテーマです。

六角堂からの海

20050918141809
六角堂からみた海。岡倉天心が観たのと同じ海。今日一日良い潮だろう。

六角堂

20050918141509
九時半開園にあわせて六角堂を見に行った。岡倉天心がここで潮を観、釣りをし、思索をした。狭いその部屋で何を考えたろうか。園内には別棟で丁寧に説明した資料室がある。平櫛田中がつくった木彫像が人すばらしい。

20050918080905
今日は中秋の名月。薄「ススキ」を飾る家もあるのでは?小名浜漁港を走っていると、何人にも薄を手にしたおばさんに出会いました。

日の出

20050918080304
小名浜のやや北、薄磯海岸にて。東の水平線から日の出です。少しするとサーファーの皆さんが波待ちでユリカモメのように沢山出ておりました。

いわきにて

  • Posted by: TORU
  • 2005-09-17 Sat 20:48:07
  • Foods(食)
20050917204807
やっと晩ご飯です。いわき駅の近くです。おじさんに席を詰めて頂いて席に着くことができました。今日のツマミはめひかりの唐揚げ。おいしい。僕は焼きより唐揚げ派。

<追記:05/09/26>
メヒカリは唐揚げが一番、もし手に入る人がいたら、下記のrecipeでどうぞ。

==唐揚げ+1==
1)ウロコ、内臓を取り(破裂を防ぐ)、洗って水気を切る。2)塩、(好みでコショウ)をして、ペーパータオルで水をで切り、片栗粉をまぶす。3)170度前後の油で揚げる。出来上がり。(温度が下がるので入れすぎ注意。)さらにもう一工夫する人は、これを御飯の上にのせて、昆布+かつおで出汁をとってしょうゆ+酒を少量加えた掛け汁を作って、メヒカリ茶漬け (出汁茶漬け)にしても美味しい。

そんなに美味しいメヒカリだが、四国、九州などで言われるメヒカリと、福島県でいうメヒカリは異なるようだ。前者はアオメエソ(英語名:Greeneyes)で、後者はマルアオメエソ(英語名Round Greeneyes)らしい。どちらもそうだが生のメヒカリは本当にGreeneyesである。(下記のページに詳しい。)光を反射しグリーンに輝く目、「目光」である。メヒカリの分類上の混同は、残念ながら、漁業統計上はいずれもアオメエソとして扱われており分類ははっきりしていない。

私がいわき市で食べたメヒカリは、この地域ではよく食されている魚で、2001年10月に「いわき市の魚」に制定されている。制定されるまでの間に様々な候補があったそうだが(漁獲量、金額共にメジャーなサンマは気仙沼、アンコウは常磐、と他ですでにブランド化されていたからのようだ。)結果、安くて美味しい!メヒカリで制定した。日常の食卓の魚が選ばれたことは良かったのではないだろうか。

メヒカリインフォメーション
*福島県で漁獲されるメヒカリ(標準和名:マルアオメエソ)に詳しい!!

http://www.geocities.jp/albatrossis/

三春の滝桜

20050917184207
花の季節には人だかりだから来ることはできない。桜を花の季節以外に見に来ることはいい。ほとんど訪れる人はいない。しかしとても手入れが行き届いている。こんな姿こそ美しい。

あきのそら

20050917183313
秋の空。いつもはなかなかビル群の中で生活しているのでゆっくりと空を見上げることが少ない。今日はいい天気だ。アキアカネが沢山飛んでいる。秋だなあ。

猪苗代湖にて

20050917182707
猪苗代湖。湖水は酸性サイドなので魚はあまり多くないらしい。

猪苗代で地ビール

20050917182410
猪苗代で磐梯山を見ながら地ビールを早速賞味。うまいなあ。黒い方はブナのチップでモルトを燻煙したもの。香がいい。

磐梯山の秋

20050917112708
磐梯山1819m。猪苗代湖側からの風景。稲穂が黄金色です。

恒例神宮ビール

20050910215407
先日、暑い季節恒例、野球をツマミにビール!をしに、神宮球場に行ってきました。球場で飲むビールは喉ごし最高です。東京ドームは中が空調がきいているので最適とは言えません。やっぱり暑い最中のオープンの外野!

最後まで

20050910185105
最後は公式グッズを買うための大行列。軽く一時間半はかかります。何しに皆さんきたのー?環境の展示でびっくりよりも人間の忍耐力の博覧会であることにびっくり!

緑化壁

20050910184239
やっと環境をうたった万博らしいものに出会いました。そこかしこに工夫がみられるのですが。

人にはヤサシクありません。

20050910183326
計画があまいのか、人が休むことがままなりません。橋の下で皆さんぐったり。人にはヤサシクありません。

環境ー? ペットボトルは持ち込めない

20050910110004
ペットボトルは持ち込めず、紙コップを配ります。これいかに。

Q:ペットボトルがなぜ持ち込めないのか?
A:セキュリティーのため。
らしいですわ。対テロ対策らしいのですが、それなら昨年来から空港でお目見えしている、ボトル内容物の可燃性液体検査装置を導入すればいいのでは?メーカー希望小売価格でも240万円そこそこの機械だから20台導入しても4,800万円ですむはずですよ。ま、20台は大げさだろうけど。空港で見たことございますか?ペットボトルの飲み物を持ち込みますと、検査装置に掛けさせられます。海外ではそのものを飲ませるという、到ってわかり易い方法で内容物をチェックしていたようですが。ま、その方法とは、ペットボトルを検知部に置くと、センサーから弱い電気が流れ、可燃性を感知して、持ち込みが禁じられたガソリンや灯油なら赤ランプ、水や酒なら青ランプが点灯する、といった方法。液体の静電容量の固有値をみているのかな?そんな技術があるにもかかわらず、紙コップにうつさせて持ち込みOKって、セキュリティーになってないでしょ、それじゃあ。叡智も環境も無視して紙コップって、大阪万博で夢を膨らませた我が両親の世代でも「なんだかなー。まったく進歩して無いなあ。」なんて言われる始末。

万博

20050910101203
名古屋から会場入口まで約二時間。まだまだ入れそうにはありません。もっと改善できるのに。恐ろしく処理能力が低いです。

鵜飼

20050907231209

先日、岐阜に行ってまいりました。岐阜と言えば長良川の鵜飼。鵜飼で採れた鮎は友釣りで釣った鮎と違って傷がない、といって珍重され大変高価で取引される様です。私は食べた事がないので、コメントできませんが。
野生の鵜をつかまえてきて馴らしてその鵜の習性をつかっての漁法を行うというのは、本当に人間の好奇心というのはすごいですね。歴史の重さは政治史ではなく、こういったところで感じます。

鵜飼はインド東北部から日本までのアジアの広い範囲でみられます。その中心軸となるのが中国と日本といわれます。最古の鵜飼の記録は「隋書」にあり、日本の鵜飼について触れられています。日本においては貝塚から鵜の骨が見つかりますが、貝塚全体の割合からみると少なく、また、鵜を獲るより魚を獲る方が容易であることから、弥生期以降に発生したと考えられ、また鵜飼がその後、都市や農村に寄生したことを考えれば弥生期以降の発生だと考えるのが無難なようです。

鵜飼は現代においては大変希少な漁法である事は否めないですが、「金地着色扇面貼交屏風」(俵屋宗達:Soutatu Tawaraya)や「図案小品集/鵜舟図」(尾形光琳:Kourin Ogata)など多くの美術品にも描かれるmotifです。なくす事はできても続ける事は本当に難しい。これからも残してほしい風景のひとつです。


長良川の鵜飼↓
http://www.city.gifu.gifu.jp/kankou/ukai_01.html

リンクの追加

リンク先にDr.ガーデン日記を追加致しました。私の第2の故郷鳥取でプロの庭師をやってらっしゃる方のページです。

Index of all entries

Home > 2005年09月

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。