Home > 中部東海(Cyubu Tokai) Archive

中部東海(Cyubu Tokai) Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

長野;日本酒 牧水 武重本家酒造 - サマーウォーズ

時をおき老樹のしづく落つるごと 静けき酒は朝にこそあれ  若山牧水

流石酒好きの歌人、朝酒ですね。まだあまり朝酒をたしなむほど酒好きではないですが、時々やります。うまいんだよなぁ、朝の酒も。牧水という酒があるという話をしましたが、長野県の佐久の武重本家酒造のお酒です。このお酒、映画「サマーウォーズ」の食卓に登っています。細部にまで楽しめるこの映画、そんな長野県上田周辺を細部で楽しむことができる映画で面白いですよ。オススメの一作品。

武重本家酒造
http://www.takeshige-honke.co.jp/

<蛇足>
そろそろ、夜も深くなってきたし、寝ようかな。Guinessも空きそうだし。おやすみなさい。2010年10月6日夜中

新潟;wine; Muscat Bailey A

友人HKのBlogで取り上げられていて、懐かしかったので、少しMuscat Bailey Aの話を書きます。この品種は日本のred wine原料として有名な品種で、昭和2年に新潟・川上善兵衛氏によって育出されました。母方アメリカ系の生食用黒品種であるBaileyベーリー種。父方は、欧州系のMuscat Hamburgマスカット・ハンブルグ種(Black Muscat)という組み合わせで、生食用とwine用という両睨みで育種された品種だけに糖度が高いです(21~22度)。


私が初めて岡山のwineryにお邪魔したのは大学3年生か4年生の頃で、ちょうど園になっていた葡萄を摘んで試食させていただいたことを考えると、熟期の9月頃の事だったのだと思います。農学部の研究室の先輩が就職していた先に研究室でお邪魔したときでした。もう13,14年ぐらい前のお話です。
その頃は私がwineに興味を持つとは思ってもいませんでしたが、その時に味わったMuscat Bailey Aの味はしっかりと覚えています。濃厚で渋みと酸味もありそこそこ特徴的なんですが、他の葡萄と比べてどうか、というと生食用に特化したわけでもなく、wine用に特化したわけでもないことで、若干ぼけてしまう感がありました。

wineにするときにMaceration Carbonique(MC法)で作ると、色付きが良く、酸味や渋みが少ないマイルドなRed Wineができるとのことで、Muscat Bailey Aを使ったwineではこの方法が多いとききました。そうなると突出した味が出にくいですよね。日本のwineはどんどん良いものが出てきているようですから、これからこのMuscat Bailey Aを使ったwineでもどんどん特徴的なものが出てくる事が楽しみですね。

友人HKが紹介していた、川上善兵衛が開いた新潟の「岩の原葡萄園」の「深雪花」は、Muscat Bailey Aをフレンチオークで熟成させたwineだということなので、ぜひ日本に帰ったら飲んでみたいお酒ですね。新潟といえば、日本酒のイメージが強い地域ですが、wineも楽しめんるなんていいですね。
やっぱり、新潟の酒に合わせるなら、新潟の味覚ということになりますね。岩の原葡萄園のBlogでも紹介されていた、お店、新潟025にも行ってみたいな。

梅雨あり、夏の湿気あり、台風ありで決して生産適地ではない中で、葡萄を開発しよう!と考えた人がいて、そしてその葡萄からできたwineはまだまだ味の完成には至っていなさそうな事を考えると、この品種から将来作られるであろう、素晴らしいwineに思いを馳せたいですね。ここでも天井なき酒造りですかね。


岩の原葡萄園のBlog
http://iwanohara.typepad.jp/blog/


新潟025のBlog
http://niigata000.exblog.jp/

静岡;いづみ屋のくず湯

100707kuzuyu.jpg

大阪から出産の手伝いに来てくれている母が胃が痛いというので、頂き物のくず湯を飲もう、ということになりました。なかなかくず湯って風邪引いた時ぐらいしか飲まなかったので、残っておりました。三島のくず湯です。関西でくず湯のイメージはやはり吉野葛ですけど、調べると結構あるんですね。吉野葛(奈良)、宝達葛(石川)、掛川葛(静岡)、伊勢葛(三重)、若狭葛(福井)、秋月葛(福岡)などがあるようですけど、表示の規定が曖昧なためか、実際の本クズで作っているものを見分けるのは大変そうですね。生産が難しそうですし。まあ、そこにこだわる必要がないんですけどね。

くず湯って英語で説明するのはどうなるのかと思い、ちょっと調べてみました。

くず湯のWikipedia(English)の説明は下記のようです。
Kuzuyu is a sweet Japanese beverage produced by adding arrowroot flour to hot water. It has a thick honey-like texture, and in color it appears pale and somewhat translucent.

arrowrootというのはクズウコンの事のようですね。なるほど。

抹茶味もあり、やっぱり、疲れたときにはこの手の甘みがいいですね。

【いづみ屋】
住所:静岡県三島市西本町3-19
電話:055-975-1166

Index of all entries

Home > 中部東海(Cyubu Tokai) Archive

タグクラウド
ブログ内検索
リンク
RSSフィード

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。